" 原付の保険を各社比較で選ぶ

原付のファミリーバイク特約はこうすれば安くなる

原付の保険比較

原付バイクのファミリーバイク特約を安く付ける一番いい方法を紹介します。

ファミリーバイク特約を付けた自動車保険を一番安いところに切り替える

コレです。

管理者が体験した実例です。

ファミリーバイク特約なしの保険料は39,320円/年と更新の通知で知りました。

これにファミリーバイク特約を追加すると5万円を超えるという代理店担当の話。

思い切って安い保険会社をさがして切り替えることにしました。

今の条件にファミリー特約を追加し、無料一括見積りで各社の保険料を比べ、一番安いところにしたのです。

その結果、保険料は 23,770円/年
原付の特約を追加したのに 15,550円 も安くなってしまいました

一括見積りでは損保ジャパンの特約付が実際に5万円を超えていましたから、切り替えによって保険料を半額以下にすることができたことになります。

各社の比較にはこの一括見積りサービスを使いました。【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり


ファミリーバイク特約は自動車保険に付ける特約なので、単独のバイク保険のようにファミリーバイク特約だけを切り離して自由に選ぶことはできません。

原付の任意保険を経済的にしたいなら特約付きの自動車保険をできるだけ安くするということになってしまいます。

特約の追加保険料が2千円安い所を選んだら本体の保険料の方が1万円高くなった
というようなことを避けるには特約を付けて各社の保険料を比べるのが一番です。

※「保険料が安くなっても大丈夫か?」「安い自動車保険は事故の時など大丈夫か?」などについてはこちらで納得できました。 ⇒ 代理店を通さなくてもいざという時大丈夫なのか?

各社比較に使った一括見積りサービス「 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり 」は入力が5分程度ででき使いやすかったですよ。


ファミリーバイク特約の追加は保険料節約のチャンス


ポイント原付の任意保険でぜひ知っておきたいこと。

単独で任意保険を付ける場合は、年間数万円の保険料が必要になります。
自動車保険のファミリーバイク特約なら5千円~1万円で済み大変お得です。


ファミリーバイク特約は自動車保険に追加できる原付の特約。
対人・対物・自損事故傷害が自動車保険と同様に補償されます。


◎家族が利用する125cc以下バイクなら何台でも補償対象。

◎年齢制限がなく高校生の運転でも別居の大学生でもOK。

◎原付の事故が自動車保険の等級へ影響しないのは大変ありがたいメリットです。


ここでひと工夫!
原付の特約を追加する機会に自動車保険を安くしてしまいませんか?

代理店型からの切り替えなら同じ条件の自動車保険を大幅に安くすることができます。
原付特約付で最安レベルと定評のアクサダイレクトやチューリッヒなら、特約追加でも今までより保険料が安くなること請け合いです。

無料見積もりでぜひ試してみてください。

原付の保険 単独の任意保険だと年間数万円以上

原付 保険

家族に自動車保険加入者がいない場合は単独のバイク保険を選ぶことになるでしょう。
原付向けのバイク保険なら、通販・リスク細分型で決まりです。

原付向けのリスク区分が無ければ大型バイクと同じような価格になってしまいます。

現在リスク細分型はアクサダイレクトチューリッヒしかありません。
アクサダイレクトは排気量区分で、チューリッヒは走行距離区分で、原付が割安になるしくみになっています。


原付の単独の任意保険は年間数万円程度の保険料が必要になります。
ファミリーバイク特約だと1万円を越すことは少ないでしょう。


この価格で自動車保険と同様の対人・対物・自損障害の補償が受けられます。

しかも年齢制限無し、2台以上でも別居家族でも借りた原付でもOK、等級に影響なしといいこと尽くめの特約です。


ファミリーバイク特約を付けて最安と定評のアクサダイレクトの例だと、対人・対物が自動車保険と同額、自損事故が1,500万円までが補償されます。

必要・十分、シンプルな体系で合理的な保険料を実現しており、原付の保険はこれで十分かも知れません。



原付の特約に「人身障害タイプ」があるのはなぜ?

原付 保険

注意ファミリーバイク特約では、本体の自動車保険に搭乗者障害特約をつけていてもそれが適用されません。


125ccバイクなど2人乗りができる原付もあるからでしょうか、本体に人身障害をつけている場合にファミリーバイク特約でも「人身障害タイプ」を選べる保険会社が増えています。

「人身障害タイプ」は、本人、家族、他人のいずれでも実損害額が補償されますので、搭乗者傷害の不適用をカバーすることになります。


ただし、本体同様、ファミリーバイク特約でも「人身障害タイプ」を選ぶと特約の値段は高くなります。

「人身障害タイプ」を選べない場合は、交通傷害保険や加入済みの生命保険でカバーするというリーズナブルな方法があります。


ファミリーが原付に乗るなら迷わずにファミリーバイク特約!

ファミリーバイク特約は、自動車保険の契約者とその同居家族が、原付(125cc以下)を運転中に事故を起こし、他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合や、自損事故(単独事故)によって他人の所有物を破損させた場合に保険金が支払われる自動車任意保険の特約のことです。

ファミリーバイク特約を付けることによって、本体の自動車保険の補償が適用され、本体の保険から補償を受けることができます。

具体的には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険(本人のケガ)という補償となります。

注意しなければならないのは、本体の自動車保険に搭乗者障害の契約があっても、ファミリーバイク特約では適用されないということです。

ファミリーバイク特約のメリットは数多くあります。

被保険自動車に「年齢条件・家族限定特約」などを付帯していた場合でも、ファミリーバイク特約には適用されません。

例えば自動車保険が30歳未満不担保の場合でも、ファミリーバイク特約では18歳のこどもがバイクで事故を起こした場合でも補償されます。

このほかにも

・他人から借りたファミリーバイクで起こした事故でも補償される

・ファミリーバイクの所有台数によって保険料は変わらない、つまり何打でもよい

・ファミリーバイク特約の対象となる事故を起こしても、翌年のノンフリート等級には影響がない

等のメリットがあります。

家族の誰かがファミリーバイク(125cc以下)を所有している場合や、頻繁に友人・知人のファミリーバイクを借りて運転する方は、付帯するメリットが大きい特約です。


このページの先頭へ